◇地域を超える! 人がつながる!◇
藤沢市での自主上映
2011年7月17日(日)
約300人のお客様に感動していただけました!
ありがとうございました

◇上映開催する上で、ご協力いただいた機関に感謝いたします。
〜湘南リビング新聞社・レディオ湘南・タウンニュース・辻堂タイムズ・FM横浜アサレン番組・フジマニ・子育てネットふじさわ

◇当日の司会進行をしてくださった、レディオ湘南の菅澤京子さん(京子ママ)に感謝いたします。
2011年7月10日(日) 池川明先生を囲む会開催!

うまれるの上映に先駆けて先生にお越しいただき、「胎内記憶」からのお話をしていただきました。
お越しいただいた方々ありがとうございました。

   
         池川先生HP:http://www1.seaple.icc.ne.jp/aikegawa/ 
2010年5月5日に「親子塾イベント」1回目!胎内記憶の池川明先生と一緒に参加させていただきました。


「子育ての会」ベビーぴよぴよ0.1.2★
MOMOPIYO企画 協力スタッフももっこMJプロジェクト』

後援:藤沢市・藤沢市教育員会

「うまれる」
企画・監督・撮影 豪田トモさんメッセージ
↓ ↓ ↓ ↓

映画『うまれる』は、「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、
自分たちが産まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がり、
そして"生きる"ことを考える、ドキュメンタリー映画
】です。

妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など『うまれる』ということを幅広く捉える事で、
親子関係やパートナーシップ、男性の役割、
そして『生きる』という事を考える・感じる内容
になっております。

映画をご覧いただいた方々からは「当たり前だと思ってたけど産まれる事・生きる事って凄いんだ」、「育児に疲れてしまっていたけれど、子供が産まれてきてくれた事に心から感謝するようになった」「離婚寸前だった夫婦関係が改善した」、「両親と仲直りするきっかけになった」、「子供をいらないと言っていた妻が"子供が欲しい"と言ってくれるようになった」など数多くの感想が届いております

家族は大切だ、命はかけがえがない、という事は、誰でも頭では分かっている】と思います。
しかし、日々の生活の中で、
どうしても「当たり前のこと」のように思えてきてしまいます。
それは、
【大切な事を「心で感じる」機会が少ない】からではないかと私たちは考えています。
涙と共に心の底から、そして細胞の一つ一つに伝わる機会があれば、
現在の、そしてこれからの悲しい事件や親子の諍い、育児ノイローゼそして自殺や鬱、ひきこもりなどの解決への足がかりになるのではないかと確信しています。【映画『うまれる』がそのきっかけに】なることを切に願っております。

映画『うまれる』  企画・監督・撮影
豪田トモ (映画公開と同時に一児の父に)


日時:23年7月17日【日】

場所:藤沢市民会館小ホール
小さなお子さんと一緒に映画を観れる
「ママさんパパさんタイム」
の実施


内容・ストーリーの概要はこちらから

製作年・・・2010年 上映時間・・・1時間44分
企画・監督・撮影・・・豪田トモ プロデューサー・・・牛山朋子
ナレーション・・・つるの剛士
コメンテーター(出演者)・・・大葉ナナコ、池川明、鮫島浩二、岡井崇、見尾保幸、吉村正
(日本を代表する産科医・お産のエキスパートの方々です)


尊い命に向き合い、一生の中で最も大切な時期を預かるママには、
息抜きやリラックス、
そして感性を育む時間が必要なのではないかと考えて
上映させていただきました
愛するお子様と一緒に映画『うまれる』をご覧いただき、
産まれた時の感動が蘇り、
気持ちの良い涙を流していただく事で、
育児の力になっていただけた

機会になったならば幸いです。
アンケートから・・
[アンケート集計ではほとんどの方がとてもよかった・良かったと、回答されていました。]
以下感想から抜粋


貴重な子育て時間、毎日大切に過ごしたい。と感じる上映会をありがとうございました。あらためて、命の大切さをかんじました。

・周りの人たちとの絆も大切に生きていきたい。

・ママタイム!子どもの声はBGM.その通りです。映画の邪魔になるわけではなく、「生」の声を聞きながら、映画を観るチャンスがあって良かった!THANK YOU!

・2月に妊娠7か月で死産しました。改めて妊娠出産は神秘です。映画を観て、たくさん泣いてしまいましたがスッキリしました。

・赤ちゃんを連れて一緒に観れて良かったです。

・妊婦の時観たかった。子どもには10歳になったら、是非見せたいです。

・もっとたくさんの人に観てもらいたい。

・学校で上映したい。小中学生にもたくさん見せてかげたい。

・是非、友人や家族にも見せたいです。また湘南で上映してください。

・自分も0歳児に母と父から離れて育ちました。出産育児に不安がありましたが、助産院で納得のいくお産をして、変わったように思えます。今は、医療に頼りすぎるお産のために、大切な赤ちゃんとのつながりをもてずらい気がします。考えていかねばならないですね。

・お空の娘に語りかえられているようで、嬉しかったです。ありがとう。

・生れてくることが当然のことではないとわかりました。母親との関係を見直す良い機会になりました。。

・人生観が変わる映画でした。

・毎日の忙しさに大切なことを忘れていた気がします。素敵な映画でした。疲れた時にまた、見たいです。

[こどもたちかたの感想]
・いいえいがでした。命の大切さを感じることができました。

・とても感動しました。これからも命を大切にして生きていきます。

・命感じれて良かった。

・とてもいいことをいっぱい知れた。

他。多くの感想をいただきまして誠にありがとうございました。

パパママも泣いた

タウンニュース藤沢2011年7月22日号に掲載
映画「うまれる」を自主上映した「子育ての会」主宰者の宗藤さん

 藤沢市民会館小ホールで17日、子育てや絆、命の尊さなどを描いたドキュメンタリー映画「うまれる」が上映され、親子連れが多数来場、感動の物語に涙を流す人が後を絶たなかった。

 これは、地域から子育てのコミュニティづくりを発信し、親子活動を展開する子育ての会「ベビーぴよぴよ(主宰・宗藤純子さん・藤沢市)」が自主上映したもの。宗藤さんは、製作段階からこの映画に注目しており、「ぜひ藤沢市民にこの映画を知ってもらいたい」との思いから上映にこぎつけた。自身も高校生の娘と小学生の息子を持つ宗藤さんは「母としても色々な事を感じるが、どんな世代の心にも響く映画」と話した。

 映画は、虐待の経験などから親になることに戸惑う夫婦や、完治しない障害を持つ子を育てる夫婦などが実際に出演するオムニバス形式。同映画の豪田トモ監督は「自宅でDVDを観るのも良いが、地域で上映することでつながりが生まれる。絆を語り合う場所にしてもらい感謝している」とした。

 チケットは前売りのみの250席ですぐに完売していた。当日は、母親の膝の上で泣き出す赤ちゃんも多かったが、スクリーンには「赤ちゃんの泣き声もBGM」と語りかけるテロップが流れ、映画の内容に感極まる夫婦の姿も見られた。

 来場者からは「ずっと観たかったけれど、都内までは行けない。藤沢で上映してくれてありがとう」といったメッセージが寄せられていた。

     また、いつの日か上映できれば嬉しいです。ありがとうございました。
当日の様子の画像が撮れずUPできませんが
たくさんの、涙と感動のメッセージを
いただけたこと、胸がいっぱいです。
おひとりおひとりが、
たくさんのかたちで、お心に残れば幸いです。