我が家の木のおもちゃ 
(BGM)
木のぬくもりはやさしいです
小さい頃に私が使っていたおもちゃや
娘に買い与えてあげた木のおもちゃなどを紹介致します。
そして、娘が小学校にあがって自分から購入したおもちゃ・・・・弟が生まれ購入した輸入上質なおままごと
我が家で選んだ木のおもちゃを紹介したいと思います。
とにかく、最近、我が家の娘と息子は木のおもちゃのおままごとにはまっています。
輸入玩具は高いイメージがありますが、遊んでいても手に馴染むし、温かさを感じます。


 「木のおもちゃのぬくもり&おもちゃの選び方」

はじめてのおもちゃ
 赤ちゃんはお腹にいる時に聴覚と皮膚感覚がほとんど発達
完了して生まれ出てきます。お腹の中の超音波を見ると、指しゃぶりをしている赤ちゃんを見ることもあるでしょう。お母さんのお腹を足で蹴って足の裏で感じているのかもしれませんね。赤ちゃんは五感をつかって生きていくことが大切ですよ。生まれた赤ちゃんはひとりでいる時、手をじっと見つめたり手で十分に遊んでからその指をくわえます。赤ちゃんは見て、触れて口に持っていく一連の動作をして学習していきます。赤ちゃんの手足の指先を刺激することも、神経機能の発達を促す効果があります。
ベビー講座でも足の裏や手の平をマッサージしています。
下のおもちゃは我が家で使用していたベビー用です。
     
この頃の赤ちゃんは手に触れたものを本能的に握り口に入れていきますので口に入れても安全で滑らかなものを選んだほうが良いでしょう!
はいはい〜よちよち歩きの始まり
赤ちやんのハイハイ運動は運動能力のすべてを決めるといわれるぐらいに基本的な運動です。ハイハイをはじめるようになったら興味を引くおもちゃを進行方向に置くなどし、赤ちゃん自身が意欲的にハイハイできるような環境作りをしてあげましょう
よちよち歩きが始まるようになると赤ちゃんの活動は激しくなります。ハイハイ時期よりいっそう移動することが上手になりおもちゃを引っぱりながら歩くこともできます。この頃音が出たり動作に変化があるおもちゃは好奇心を促しますよね。

左のイヌと亀はフィッシャープライズ社

右はWALTER社のむかでとLORENZ社のカエルの引っぱる木のおもちゃです。
手先をつかう、手を使う工夫するおもちゃもこの頃から与えてあげるといいですよね
 


1歳から2歳になる頃
好奇心や意欲がいっぱいの時期です。
見たり、聞いたり、まねたりするおもちゃが活躍します
動きを追うおもちゃ
  
            クネクネバーン カタカタ人形 
 
クーゲルバーン(50個の玉つきです)
構成遊び〈パズルなど)



指先・集中力を養うおもちゃ


ネズミのひもとうし



私の使用していたおもちゃ

もう、約30年も前のおもちゃです。私が遊んでいた木のおもちゃです。
      左は形遊びのおもちゃ、左は連結汽車の木のおもちゃです。
 
木の玩具紹介・購入できるHPの紹介

木のおもちゃ専門店知育玩具通信販売,通販おもちゃのパック

★長く使えるよいおもちゃウッドパル

ウッドパルさんで購入したレンジかわいいでしょ!それと切れる食べ物!

レンジにHABA社のおままごとを使ってこんなに楽しくなりました!

★日本グッド・トイ委員会
子供の成長めやす
〈3ヶ月〉 あおむけになって指を絡ませて遊び、じっと手の動きをみつめています。将来、手を使う準備をしているのでしょう。
〈3ヶ月〜5ヶ月〉話かけたりあやしたりするとうれしそうな声を出します。お母さんの声に一番反応しやすいようです。
〈6ヶ月〉仰向けになって自分の足を口に入れて遊んでいます。そろそろからだの全体像がわかり始めるころです。
〈7ヶ月〉手のひら全体を使っておもちゃを握り、それをもう一方の手に持ちかえることができます。手の動きがやわらかくなってきた証拠です。
〈9ヶ月〉そろそろ1人で座っておもちゃで遊べるようになります
〈9〜10ヶ月〉周辺のことに関心をもち真似をしはじめるころです
〈10〜12ヶ月〉遠くにあるボールやおもちゃを、はいはいをして取りにいきます。危ないという感覚がないので十分に注意をしてあげたい時期です。
手と足をいっぱいつかって成長しよう!
 
〈1才3ヶ月〉しだいに身近なものを用途にしたがってつかうことが出来るようになります。
〈1才6ヶ月〉床の上のおもちゃを並べて一人でおとなしく遊べるようになります。1人遊びは大事な時です。じっくり遊んでいるときは見守ってあげましょう。周囲のものを活発に探索し、理解力が深まっていきます。

木のおままごとの紹介
海外編

HABA社(ハバ)ドイツ
50年という家具つくりの伝統をもつハバ社。
積み木の質の高さには定評がありヨーロッパの幼稚園でもよく使われています。下のおままごとは
缶入りで小さくてかわいいおもちゃです。食べてしまいたくなります。
(左からクッキー缶・チョコ缶・魚缶.下の左はロリーポップあめ・クマのグミ缶です。)



SELECTA社(セレクタ)ドイツ
赤ちゃんのおしゃぶりから幼児のゲームまでを自社工場で作るセレクタ社
(下はセレクタ社のレジスターです。開ける時に音が出ます。付属はお金と絵柄板です。)


Erzi社・ドイツ
(下は左上から野菜の6点SETとジュースと哺乳瓶
グリーンピースとキャロットのひもとうし)



WALTER社(ヴァルター)ドイツ
三世代100年にわたっておもちゃを作り続ける会社です。
昔ながらの手作り技法が残っているそうです
(下のおもちゃはレアもの電話機です!)



日本の販売の木のおもちゃおままごと
大人気の野いちごおままごとセット
マザーグースの森

スウィートカフェセット(ケーキやフルーツが切れるよ!)

パーティーセットかわいい!これでハッピーバースデーできるね
マザーグースの森のホームページ
下左はニチガンの木のおままごとSET。

我が家の2003.5月のnew木のおもちゃ
ウッドパルさんで購入したレンジかわいいでしょ!それと切れる食べ物!

レンジにHABA社のおままごとを使ってこんなに楽しくなりました!

HABA社の木の食材
玩具安全基準マーク

ドイツ工業技術審査会(tuv)は製品検査機関で、厳しい規則に基いて子どもが使用するおもちゃやスポーツ用品を検査します。

世界で最も厳しいといわれるヨーロッパの子ども用品製造基準です。大きさ・形態・塗料について詳細な規則があります。ヨーロッパから輸入する玩具のすべてはこの基準にしたがって製造されています・


ドイツ優良玩具審議会推薦マークです。教育者・デザイナー
心理学者・医師が中心になりヨーロッパのすぐれた玩具を選びこのマークを与えています。


ビーワックス・マーク
ハチのマークが印刷されたおもちゃの箱を開けると、甘い蜂蜜の匂いがします。従来のワックスよりは透明度が落ちますが手で触ると絹地に触れているような感触があり化学素材に慣れてきた私たちに新鮮な感覚を与えてくれます
フランス生まれの素朴な木の造型遊具カプラの紹介
La Planchette magique
(カプラの紹介は2003.3.21に横浜こども科学館で体験してきたものです)

魔法の板 カプラ
こどもも大人も、どんな年令の人も夢中になれる魔法の板
「カプラ」を使うと様々なかたちをした建物や動物、とんでもない空想上の生き物まで
魔法を使ったように出来てしまいます。

上記の作品は横浜こども科学館に展示されていた作品です。
2003年3.21〜7.6までカプラで遊べますのでお近くの方は1度行ってみてください。
その他の開催地、東京ではクレヨンハウスなどでも開催しています。
カプラのHPで日時等知らされていますのでカプラについての詳細などはHPをご覧下さい。
http://www.kaplazoo.co.jp


   
 広いスペース会場にカプラがいっぱい!  小学生も夢中になってこんなに高く積めたよ!  横浜こども科学館にて
横浜こども科学館:横浜市磯子区洋光台5−2−1 045−832−1166
  JR根岸線洋光台駅下車徒歩3分 9:30〜17:00   
   
 横浜こども科学館はこんなところ・・・・http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/ysc/ysc.html
B2 宇宙工房
B1 休憩室 
1F 宇宙劇場  プラネタリウム ・アイマックス映画
1F 特別展示室
2F 宇宙研究室 ミニ実験
3F 宇宙トレーニング室(たくさんの楽しい宇宙体験できるよ!)
4F 宇宙発見室
                     
 2003年3月15日(土)
横浜そごう新都市ホールにて
「おもちゃとお遊びのフェスティバル」に行ってきた!」コープ神奈川主催
広い会場にコーナーがいくつもあり、小学生の娘も手作りに時間を忘れ、
息子はグッド・トイの木のおもちゃのところで夢中になり、おもちゃをおとりあいするほどでした。
「昔懐かしい遊び」「絵本コーナー」「手作りおもちゃ」「ごっこ遊び」「布のおもちゃ」
「日本グッド・トイコーナー」「おもちゃ病院」「自然遊びコーナー」など
子供も大人も楽しめるスペースでした。
私自身、木のおもちゃ、グッド・トイコーナーで息子と楽しめました。
           
新聞紙遊び                                     木のおもちゃコーナー    
                            

「赤ちゃんと木のおもちゃ」2003.10
先日、ベビーの方で「木のおもちゃ」の紹介を致しました。
私自身、木のおもちゃとの触れ合いは幼少の頃の父親が与えてくれた汽車の連結であり、
積み木です。現在も宝物で所持していますが、はじめて出会うおもちゃとして、
わが子にも木のおもちゃを与えました。
赤ちゃんは手に触れたものを本能的に握りそれを口に入れますよね。
口で物の性質を確かめるのは赤ちゃんが自分の以外のものと触れる時の大切な手段です。
何でも口に入れてしまうからこそ安全なおもちゃを与えてあげたいと思い、
私は、高くても良質なヨーロッパ玩具に目がいってしまいました。
国内でも白木で良質なおもちゃは探されるときっとあると思います。
ドイツではおじいさんの代からひ孫まで、ひとつのおもちゃを受け継いでいることがあるそうです。
素晴らしいですね。

ベビーの会では、私自身の家で子供たちが使用してるおもちゃ(HPで紹介している木のおもちゃ)を
持ち込み、遊んでもらいました。また近くで黒川工房と称し、手作りの大型の木のおもちゃを創っておられる
黒川さんの作品もお借りしました。
ご趣味で作られて作品とはいえ、とても素晴らしく
黒川さんのおもちゃにお母さん方も釘付け!歓声と子供たちのキラキラしたお目めが印象的でした。


黒川さんと黒川さんの作品ボーリングであそぶ赤ちゃん

          
                黒川工房作品 NO1 息子のお気に入り!   NO2  クネクネバーンとってもおおきくて2〜3人で遊べます! 
           
NO.3 オブジェにもなりそうなボール落とし       NO.4  実際に子供が乗れる三輪車       
他にも作品がおありですし、制作中だそうです!


真剣に木のパズルで遊んでます・・

これから先、お子様の記念日に是非、木のおもちゃをプレゼントしてあげてほしいな。と思います。
木のおもちゃの購入などの参考になるHP
(株)ジョルダン
木の取り扱い店のリンクページなどもあります。