えほんのひろば TOPICS は こちらから!
    
お腹の赤ちゃん!おかあさんの声聞こえてますか?

妊婦になって、産婦人科に行った時、待合室にクラシックがながれていた。
何だかとても落ち着きました。胎動を感じはじめると、
無意識のうちにお腹に手をあてて、
「元気だね〜。」などと声をかけている自分がいました。
お腹の赤ちゃんはお母さんの声が聞こえるの?
そう、胎児は聴覚と皮膚感覚は胎児のうちにほぼ完成するそうです。
皮膚感覚は最も早く発達するところで、聴覚は妊娠6ヶ月ぐらいになると
母親の声や外の音を聞くことができるようになるのです。
以前、TVでこんな実験をしていました。
ベートーウ``ェンの曲を流すと,お腹の赤ちゃんは活発に動き、
白鳥の湖を流すとリラックスする胎児が映っていました。
胎児は、母親の話声や軽やかで静かな音楽、自然音を好み、
オートバイのエンジンや車の急ブレーキなどを嫌がります。
赤ちゃんはお母さんの声が一番良くわかるのでしょうね。
大好きなお母さん、お父さんの声で、「絵本」を読んであげると、
子供たちもリラックスして落ち着いた気持ちになることでしょう。
福音館書店の松居直さんは次のように話ています。
「絵本はよんであげるもの。
読んであげることで実は子供が親を喜ばせてくれ、
子供と親が喜びを共有することが子供の生きる力にもなる。
読んであげることの大切さを痛感します。」と・・・
赤ちゃんの視覚

うまれたばかりの赤ちゃんは目が見えないと考えられていたのですが
焦点距離が短いだけでちゃんと見えているということがわかってきました。
生まれたばかりの赤ちゃんは
どんな色のどんなものを好むのか
アメリカで実験した方がいます。
赤ちゃんがいちばん興味を示した色はコントラストの
はっきりした白と黒でした。
赤ちゃんが好きでじっと見つめるのは、
母の目、しま模様、チェッカー模様、丸、同心円などで
お花模様ではありませんでした。
こんな絵本があったので2ヶ月の頃息子に見せたらよ〜く見ていました。



参考までにどうぞ・・・
はじめての絵本選び・・・いつ頃から?
 
我が家の娘も絵本はおもちゃのように扱っていました
 いつ頃から与えればいいのか悩みますよね。大体生後8ヶ月頃でお座り出きる頃が良いと思います。娘が生まれた頃に福音館書店で0・1・2才向けの本が創刊されました。
(1995年 4月)ハードカバーで正方形(約18×18)で赤ちゃんが、
かじったり舐めても大丈夫なしっかりしているものでした

 赤ちゃんのうちは絵本もおもちゃのひとつですから、娘もさわったり、かじったりしてました。でも膝の上にのせて本を開き読んであげると、ジッ・・・と見ていました。


 娘が1歳頃好きだった絵本は福音館書店から創刊された「でて こいでてこい」
はやしあきこ作です。色がとてもはっきりしていて、
絵のかたちも解りやすいので小さい子向けです。

 あと好きだった絵本は福音館書店の「おつきさまこんばんは」です。
「おつきさまこんばんは」のところでちょこんと頭を下げていました。好きな絵本は何回でも持ち出してきます。院内 保育をしていた時の慎ちゃんもこの絵本が好きで、お昼ねの前 にこの絵本をひっぱり出してきていました。そのうち、言葉が 出てくると、本の文を反復したりするようになります。絵本は 繰り返し・繰り返し読ん
であげることにより、
子供の中で成長があるのですね。
 
 やりたい!動きたい!2才児さんに・・・
  

  2歳を過ぎる頃から、子供達の行動する範囲も広がってきますよね。
家の中だけでなく、外へも関心がひろがってきます。毎日の生活(基本的な生活習慣)にもだんだんとリズムができ、自分でやってみようという気持ちも出てきます。親のすることを真似ながら、手を洗う顔を洗う・おもちゃをかたずける・昼寝・睡眠・食事をする(ごはん・おやつ)おトイレでしてみるなど、生活することが小さいながらできてきます。
そこで、この時期おすすめしたいのが、自分の生活・生活の1部と似ている絵本を探して、
読んであげてみてはどうでしょうか?
我が家の娘は「おいしいねおいしいよ」(童心社)福音館書店出版の林明子さんの絵本シリーズで「くつくつあるけ」「きゅっきゅっきゅっ」「おててがでたよ」などが大すきでした。木村裕一さんの〈偕成社)しかけ絵本「ひとりでうんち」も読んであげると、うんちのトイレットトレーニングによいかもしれませんね。
「うんちがぽとん」もおすすめです。2才児ガンバレ!




「私とちびくろさんぼ」

私の幼少の頃の思い出の絵本といえば岩波出版の赤い表紙の「ちびくろさんぼ」です。
この本が絶版になり、私も小さい頃手放してしまったので、探していたのですが、最近あるネットで
見つけ手元に戻すことが出来ました。わが子が戻ってきたような思いです!(T_T)
補足:(現在2007年の今では復刊絵本がでていますが・・・・)

岩波書店 昭和28年12月10日第1刷発行
「ちびくろさんぼ」
ぶん: へれん・ばなーまん
え:ふらんく・どびあす
やく:光吉 夏弥

小さい頃の私にとって、まっくろな顔のさんぼは印象深い絵本の1冊でした。
トラがぐるぐるまわってバターになってしまう面白さ、
ホットケーキを何百枚も食べてしまった最後も
未知の世界で印象深いものでした。
大好きすぎて、幼稚園の教諭の頃、教師出し物で
黒のストッキングかぶって「ちびくろさんぼ」演じたほどですから(*_*)
この絵本が日本で人種差別と批判を受けて絶版になったのが
1988年の暮れです。
何故この絵本が絶版に追いやられてしまったか・・・
「ちびくろサンボ」絶版を考えるなどの著書も出ていますが「ちびくろサンボよすこやかによみがえれ」
灘本昌久氏によれば、「黒人差別をなくす会」の抗議があったこと、主に次の3点から差別の根拠だという
・名前ー登場人物の「サンボ」「マンボ」「ジャンボ」は差別語である
・黒人にとって不快なステレオタイプである
・黒人は「愚か」で「未開」または「ずるがしこい」という
マイナスイメージを与える間だけ高原に移らなければ健康を保つことが出来ませんでした。
ヘレンは離れて過す子供達を
はげますために、毎週のように絵手紙をおくりました。そうした多くの絵手紙の中には
ヘレンの作った絵本もあり、そのひとつが友人の目にとまり子供の手の中におさまる小さなサイズの絵本
「ちびくろさんぼ」として出版されたのです。


しかしながら、私の大好きだった岩波書店の
「ちびくろサンボ」の絶版理由は
「名前」サンボには黒人に対する蔑称の意が含まれていること
ジャンボ・マンボという両親の名はmunbo jumboと連語して使われる場合には
「わけのわからない呪文・ちんぷんかんぷん」という意味が含まれるといる理由で
絶版を決めたそうです。絶版にいたる理由は奥が深いものです。
現在、「ちびくろサンボ」の絵本が再び書店に並ぶようになりました。


1989年8月「ブラック・サンボ]:左
1997年「ちびくろさんぽ」:右
なんと、サンボがサンポ!犬が主人公で発刊!驚きでした。
「北大路書房」



「トラのバターのパンケーキ」:左 評論社
1999年5月「ちびくろさんぼのおはなし」
(手のひらサイズ)径書房:右
☆〈ちびくろさんぼ〉の発行の経緯☆
一番初めに「ちびくろさんぼ」の物語が発行されたのは1899年10月
この物語の著者イギリスの女性へれんは、
夫と共に、当時イギリスの植民地だったインドの奥地で
伝染病予防などの仕事をしていました。
しかし、暑さになれない彼女の子供達(5歳と2歳)は夏の暑い間
だけ高原に移らなければ健康を保つことが出来ませんでした。
ヘレンは離れて過す子供達をはげますために、
毎週のように絵手紙をおくりました。そうした多くの絵手紙の中には
ヘレンの作った絵本もあり、そのひとつが友人の目にとまり
子供の手の中におさまる小さなサイズの絵本
「ちびくろさんぼ」として出版されたのです。
皆様も再度お子さんと読んでみて下さいね!