「母乳育児のすすめ」

はじめに
私がベビー「ぴよぴよ」でお母さんたちに勧めていきたかった1つに母乳育児があります。
私自身、1993年、第1子を授かり、産院を選ぶときに、母乳育児をすすめる
産院を選択し出産いたしました。産んですぐに分娩台の上で赤ちゃんを抱っこし
おっぱいを吸わせることができました。
後にこのことが、とても母子にとって大事な時間であったことを知りました。
おっぱい指導をしてくださった助産師の、Kさんには本当にお世話になりました。
Kさんの手は、魔法の手です。
第2子は7年あいて、同じ病院で出産しましたが、Kさんはお辞めになられていたので、
私が母乳でトラブリ、おっぱいがしこって痛くて仕方がない時、自宅まで
来てくださり、その魔法の手で救われました。
本当にびっくりするぐらい出が良くなり、また、
痛かったはずなのに痛くないマッサージだったのです。
「ぴよぴよ」でも母乳でのアドバイスをいただきたく、数年前まで来ていただいておりました。
80才をすぎられても現役助産婦さんでいらしたパワーに脱帽です!
いつまでもお元気で活躍していただきたいと思っております。(*^_^*)
では母乳のことを記していきたいと思います。Kさんから伝授の特効薬草も教えちゃいます!(*^_^*)


ユニセフ&WHOが定めた母乳育児を成功させるための10か条
1.母乳育児推進の方針を文書にして、すべての関係職員がいつでも確認できるようにしまよう
2.この方針を実施するうえで必要な知識と技術をすべての関係職員に指導しましょう
3.すべての妊婦さんに母乳で育てる利点とその方法を教えましょう
4.お母さんを助けて分娩後30分以内に赤ちゃんに母乳を上げるようにしましょう
5、母乳の飲ませ方をお母さんに実地に指導島用。またもし赤ちゃんをお母さんから離して収用しなければならない場合にもお母さんに母乳の分泌維持の方法を教えましょう
6.医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしまよう
8.赤ちゃんがほしがるときはいつでもお母さんが母乳を飲ませあげられるようにしましょう
9.母乳でそだてている赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう
10.母乳で育てているp母さんのための支援グループを作り助けお母さんが退院する時にそれらのグループを紹介しましょう

※ ユニセフとWHOは1989年に「母乳育児の保護・推進そして
支援ー産科施設の特別な役割」と題する共同声明を発表し、世界のすべての産科施設に対して「母乳育児を成功させるための10か条」を守るために呼びかけた。また1991年には10か条を完全に実施する産科を「赤ちゃんにやさしい病院」に認定する制度を設けた。


K助産師からいただいた
赤ちゃん母乳で育てるための〜母乳の基礎知識〜

母乳でそだてるために(初乳を飲ませる意味・母乳の免疫力と栄養力)

1.母乳は赤ちゃんの成長に合わせた栄養が完全に含まれています。
2.初乳は免疫対の濃縮ジュース。飲ませることで病気を防ぎます
3.未熟児で産まれた赤ちゃんには母乳(特に初乳)が絶対必要です。
4.赤ちゃんは母乳を通してお母さんから大切な信頼と愛を教わります
5.母親らしさを作るホルモンは、母乳を吸わせることで分泌されます
6.母乳を出すコツは1つだけ!赤ちゃんに吸わせることです
7.母乳は経済的で簡単、おまけに産後の肥満防止にも役立ちます!


上記の部分で6.と7は本当にそう思います!


乳管開通の手法〜

1。5本の指を使って行います。乳輪部の外側に指を当てグッと乳輪部
を乳房の内側へ向かって水平に押します
2.押し付けたその場で乳首に向かって乳輪部をつかみます。指はつめを立てないように指の腹をつかいましょう
3.つかんだまま乳輪部を前方に向かって引っぱり出します
乳輪部の下の平滑筋をやわらかくして伸びやすくします
4.自然に乳首まで親指がスライドしたら左右に2−3回指先で乳首をひねります。落花生の皮むきのような軽さで行います

★子供にとっての母乳の利点★
(栄養面)
母乳の中に頭を良くする物質が含まれている
母乳の中のDHAとかAAなどの物質が含まれている
(愛情面)
世の中が自分の味方だという基本的な信頼感がうまれる
世の中を信頼できる、情緒が落ち着いた子になる

話かけがよくされることから言葉の発達も早い
(発達面)
顎の発達も良い

全般的に脳の発達も良い

眼の発達も良い
(予防効果)
乳幼児突然症候群になりにくい

小児がんにもならない
成人病の予防になる

糖尿病にもかかりにくい
大人になってからも骨粗しょうにもかかりにくい

★母親にとっての利点★(母親の声)
・経済的
・こどもとのふれあいができる
・夜のスキンシップができる
・産後のダイエットにもなる
・子宮の回復も良い
・夜の授乳も非常に楽(横になったままおっぱいを出してあげられる)
ごみ処理に困らない・環境に優しい
災害にあったときなどとくに楽で安心
・母親としての自信がつく・・・・など
母乳についてのお助けBOOK

・誰にでもできる「母乳育児」 ラ・レーチェリーグ   メディカ出版
・「これでナットク母乳育児」    監修 水野克己 編集 本郷寛子他
へるす出版
・「母乳と環境」      本郷寛子    岩波ブックレット
          


★母乳トラブル・・・・私もありました。でもちょっとしたことで乗り越えられる!
トラブルは私もありました。
風邪を引いた時薬を飲んでいいものか悩み・噛まれたり・切れたりとトラブル多かったです。そんな
悩み・質問に答えたものを集めてみました。
・子どもが飲むのが下手でおっぱいをいやがった。

これは乳首の混乱だと思います。おっぱいと人工乳では乳首のくわえかた、飲み方が
全然違いますから早いうちに人工の乳首をあげると赤ちゃんは混乱しおっぱいをすえなくなったり
変なすい方をしてお母さんの乳首が痛くなったりします。

・陥没乳首だった

これはプレストシェルといわれる用具を使って妊娠中や授乳の合間に引き出すといいです
それからおっぱいがかちんかちんになってからではなく、初日のやわらかいうちに授乳をはじめればいいです。

・乳首が痛かった

ほとんど抱き方が原因です妊娠中から練習してみるといいですね。

・母乳不足・母乳不足感


よく泣く・おいたらすぐ泣く、頻繁にほしがる・間が空かない・おっぱいが張らない
これらの場合多くは本当に母乳不足ではなく母乳不足感です。それを回りも色々と言うものだから、お母さんはそう思い込んでしまいます。
特に定時授乳をしていたりするとなる場合もあるんですが本当に母乳不足でも
欲しがる度に、寝てばかりいる子は起こしてでも頻繁にじゅにゅうしていればほとんど乗り越えられる
ようです

・乳腺炎のため止めてしまった

乳腺炎はどんどん吸わせることです。
アメリカでは膿を持つほどになったらもちろん冷やしますが、
しこりができたあたりまでは暖めながらとにかくすわせます。
頻繁にやって、お母さんがよく休めば、2・3日でよくなります。切開というケースもありますが
それでも母乳は続けられます。お医者様の中には、母乳を大したことないと考えていて簡単にやめさせてしまう方もいますが逆に続けることによって良くなります。


・母親が風邪を引いたので止めてしまった

これも逆です。母親がひいた風邪の抗体をおっぱいをとうしてもらえるんです。これで
赤ちゃんが同じ風邪をひいても軽くてすみます。

薬の飲み方ですが・・・
ホルモン剤の入った薬以外は、風邪薬は飲んで大丈夫と言われました。
飲みかたですが、おっぱいを飲ませてから薬を飲んだほうがよく、2・3時間あけば
安心して赤ちゃんにも飲ませられますと指導受けました!

妊娠と薬はこちらのHPも参照してください。
・虫歯になりやすい

これは母乳育児をしたからならにというものでもありません。ただしてもなったのであって、したからなったのではないというのは確かです。例えばエスキモーは2歳から3歳くらいまで母乳を与えますが、虫歯は1本もありません。虫歯になるのは母乳ではなく、日中食べるもののせいです。
最近は口の中のバクテリアが口移しでうつるためとも言われています。あとはエナメル質の個人差があります。これは妊娠中のお母さんの健康状態や遺伝的要因によります。またお母さんの乳首は
赤ちゃんののどが奥まで伸びて初めてお乳が出るようになっています。だからだまっていてもポタポタとミルクが出てくるゴムの乳首と違い。口の中におっぱいがたまっていることがありません。さらに母乳には虫歯菌を殺したり、大腸菌を抑えたりする物質が含まれています。

1歳過ぎてもおっぱいを飲んでいても全然大丈夫!歯をガーゼで拭くとより虫歯対策になりますよ!


おっぱいのトラブルに効く葉っぱ
Kさんから教えていただいたのがこのユキノシタです

この葉を1枚ずつとり、お湯でゆがき、冷まし使う時に葉っぱの裏のぬるぬるした薄皮をはがします
はがしたあとの葉っぱの裏に効用があるので、その裏の部分を患部に当てシップする感じです。
私も切れたリ、かまれた後など治療するのにとっても便利でした。
たくさん湯がいて、そのまま冷蔵庫で保存してもいいです。でも1ヶ月以内がBESTです!